よくある質問

治療後、お酒を飲んでも大丈夫ですか?
大丈夫ですが、いつも以上に代謝がアップし血行が良くなっているので、アルコールのまわりが早くなることがあります。
治療後は、体への負担も考慮して、いつもより少なめに控えることをお薦めします。
治療後の入浴は大丈夫ですか?
大丈夫ですが、治療直後は血行がかなり良くなっているので、1時間ほど時間をおいてから入浴することを心がけてください。
細い鍼を使用しているため、細菌が鍼を刺したところから体内に入ることもありませんのでご安心下さい。
治療時の服装はどのようなものを着たらいいですか?
手足、背中、お腹が出せるゆったりとした服装が理想的です。
治療頻度はどのくらいが理想ですか?
個人差もありますが、症状が重い場合、治療効果を上げるためにも週に1~2回程度をご提案しています。
治療していく中で、症状が落ち着いてきたら2週間に1回と徐々に減らしていき、症状がかなり改善されても進行の防止に3週間~1ヶ月に1回受診されることをご提案しております。
鍼治療は継続していくことで治療効果を期待できます。
訪問時の交通費は別途かかりますか?
訪問時の交通費は施術費用に含まれています。
施術時間はどれくらいですか?
初診時は、予診票記入や問診を受けていただくため約1時間ほどかかりますが、2回目以降は症状にもよりますが、30~45分ほどを目安にしております。
どうして鍼は効くのですか?
鍼灸治療は世界保健機関(WHO)から様々な疾患に効果があると報告されている、世界中で認められた治療法です。
東洋医学の理論に基づいて症状に対応するツボに鍼を刺し、皮膚・筋肉などを刺激することにより、生理状態を変化させ症状を改善していきます。
鍼の効果のメカニズムは、全てが明らかになっているわけではありませんが、臨床研究が重ねられ、生体機能調整作用、血行促進作用、免疫力の活性化作用があることがわかってきました。
また、近年増加傾向にある脳卒中など、脳血管障害による後遺症に対するリハビリ効果が期待できるとして注目されています。
使用する鍼は安全な鍼ですか?
当院で使用する鍼はすべてディスポーザブル(使い捨て)の鍼を使用しています。
血液感染病(HIV、肝炎)対策として、使用済みの鍼を繰り返し使い回すことはしておりませんのでご安心ください。
どうして鍼は効くのですか?
鍼灸治療は世界保健機関(WHO)から様々な疾患に効果があると報告されている、世界中で認められた治療法です。
東洋医学の理論に基づいて症状に対応するツボに鍼を刺し、皮膚・筋肉などを刺激することにより、生理状態を変化させ症状を改善していきます。
鍼の効果のメカニズムは、全てが明らかになっているわけではありませんが、臨床研究が重ねられ、生体機能調整作用、血行促進作用、免疫力の活性化作用があることがわかってきました。
また、近年増加傾向にある脳卒中など、脳血管障害による後遺症に対するリハビリ効果が期待できるとして注目されています。
鍼を刺すとき痛くないですか?
体の部位や個人差にもよりますが、鍼が皮膚に刺さる瞬間、「チクッ」とする感覚や、刺していく途中、ズーンと重だるくなる「ひびき」を感じることがあります。
当院では、施術に用いる鍼は髪の毛程の細い鍼を使用し、できるだけ刺激が少ない方法で施術効果をあげることを心がけています。