醒脳開竅法

醒脳開竅法を取り入れた治療

醒脳開竅法とは、脳血管障害後遺症の治療法として、中国の天津中医薬大学で考案された治療法です。

特に、急性期、回復期の患者さんに対して、特殊な技術と強い刺激を与えることを特徴としており、患部の麻痺改善を目的とした治療法となります。

当院では、醒脳開竅法の基本となるツボを中心に、患者さんの症状に適応したツボを使い、必要最低限の刺激量で最大の効果を出すことを目的とした治療をしていきます。